About hulsgallerytokyo_yk

この作成者は詳細を入力していません
So far hulsgallerytokyo_yk has created 48 blog entries.

掲載情報:別冊炎芸術『見て・買って楽しむ 陶磁器の優品』

現代日本の陶芸家が作る作品を作家別に紹介する別冊炎芸術「見て・買って楽しむ 陶磁器の優品」に、HULS Gallery おすすめの茶碗や花器、徳利、ぐい呑などの作品が掲載されました。掲載作品は店頭にてお求めいただけます。 ■ ギャラリーにてお取扱いのある作家(五十音順・敬称略) 加藤 亮太郎、坂倉 正紘、澤 克典、田原 [...]

2024-05-14T15:20:40+09:002024/05/01|

光井威善 作品展『深々しんしん』開催のお知らせ

自然豊かな富山に工房を構え、吹きガラスの手法を用いて作品を生み出す光井威善氏。HULS Galleryで3度目となる今回の個展では、ガラスの表情が際立つ潔いフォルムに、情景を切り抜いたような色使いが目を引く「silence」、そして、溶け合う2色の有機的な造形が柔和でモダンな印象の「Amber on Gray」の2種が集います。色調を抑えた、しんとした静けさを纏う作品たちが、日々の喧騒を忘れさせる穏やかな空気を醸し出します。ぜひご高覧ください。 ■ 光井威善 作品展「深々しんしん」 会期:2024 年 5 [...]

2024-04-25T16:42:07+09:002024/04/25|

塗師 冨樫孝男 作品展 『漆の用と美』開催のお知らせ

福島県会津若松で生まれ育ち「塗師一富」の三代目として活躍する冨樫孝男さんの作品展を開催します。冨樫さんは玉虫の羽のように輝く「会津玉虫塗」や金属のような質感を表現した「四分一塗」「鉄錆塗」などの技法を用いて、漆の面白さを伝える新しい漆器を作り出してきました。今回は、さらに「レザー調」「ベッコウ塗」を取り入れ、漆の可能性を広げています。本展では、美しさと実用性を兼ね備えたテーブルウェアやアート作品を揃えてお待ちしております。冨樫さんの遊び心溢れる作品をご堪能ください。 ■ 塗師 冨樫孝男 作品展 『漆の用と美』 会期:2024 年 4 月 [...]

2024-03-28T10:48:43+09:002024/03/15|

小倉智恵美 個展『表象―こころ映す鏡―』開催のお知らせ

HULS Gallery Tokyoでは、2年ぶり2度目となる京都の竹工芸作家・小倉智恵美さんの作品展を開催いたします。一目一目丁寧に編み込む繊細な手仕事で、洗練されたデザインの竹工作品を生み出す小倉さん。伝統的な編組を用いた制作にも、その時々の心境が作品に反映されていると語ります。優しい艶と自然な香りの竹で織りなす文様には、作者の見る日本の四季の情景の美しさが表れています。本展では、人気作品のリングやバングルなどのアクセサリー、小皿、今回の展覧会に合わせて制作された一点ものの盛籠と花籠が並びます。実物をお手に取ってご覧いただけるこの機会に、ぜひお越しください。 ■ 小倉智恵美 個展『表象―こころ映す鏡―』 会期:2024 年 3 月 [...]

2024-02-20T11:51:49+09:002024/02/20|

備前 馬場隆志・藤田祥・森大雅 三人展『新たな備前の光』開催のお知らせ

800年以上続く備前焼の伝統を守りながら、いかにして新境地を切り開くか。本展では、馬場隆志さん、藤田祥さん、森大雅さんの三名の陶芸家の作品を展覧し、彼らが近年特に注力している表現に焦点を当てながら、そのヒントを探ります。馬場さんは、人気の窯変蒼シリーズのほか、備前の土を使った艶感豊かな志野作品を。藤田さんは、備前で採掘される純度の高い陶石を用いた、真っ白な白備前シリーズの新作を。森さんは、文字が入ったオブジェなどのインパクトある彫刻作品を。酒器や食器を中心に、茶碗、花器など多彩な作品が揃います。新たな備前焼との出会いをぜひ体験してみてください。 ■ 備前 馬場隆志・藤田祥・森大雅 三人展『新たな備前の光』 会期:2024 年 2 月 9 日(金) [...]

2024-01-23T18:26:47+09:002024/01/22|

年末年始営業のお知らせ

HULS GALLERY TOKYO は、年内は12月30日(土)午後5時まで、新年は1月5日(金)午前10時より営業いたします。 年明け最初の企画展は、1月19日(金)より岐阜県の木工家・川合優さんと、三重県の陶芸家・谷本貴さんの二人展を開催予定です。来年も変わらぬご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。

2023-12-25T14:54:17+09:002023/12/25|

川合優・谷本貴 二人展 『工芸と深呼吸』開催のお知らせ

岐阜県の木工家・川合優さんと、三重県の陶芸家・谷本貴さんの初めての二人展を開催いたします。 テーマは「深呼吸」。人はパソコンやスマートフォンを見ているとき、無意識のうちに呼吸が浅くなったり、息を止めてしまったりすることがあると言われています。そんな忙しい現代社会で、工芸が果たす役割とは何でしょうか。まずは一休みして二人の作品に触れ、木の香りや土の手ざわりを感じ、深呼吸をしてみてください。   ■ 川合優・谷本貴 二人展 『工芸と深呼吸』 会期:2024 年 1 [...]

2024-01-13T11:23:15+09:002023/12/22|

漆芸 田中瑛子 作品展『Art & Object』開催のお知らせ

石川県加賀市を拠点とする漆芸作家、田中瑛子さんの個展を開催いたします。本展では、「塊」をテーマとした新作を展示販売いたします。田中さんにとって「塊」とは、削ることを最小限にした物体を意味し、その形は作品づくりにおけるイメージの原点となり、蓋物や食器へ、あるいはオブジェへと発展していきます。今までにないテクスチャ表現もご覧いただける展示です。皆さまのご来場をお待ちしております。 会期:2023年12月8日(金)〜12月23日(土)*日・祝は休み 会場:HULS GALLERY TOKYO (東京・赤坂) 営業時間:10:00〜18:30  作家在廊予定日:12月8日(金)・9日(土) *開催内容は変更となる可能性もございます。最新情報は本サイトもしくは SNS [...]

2023-11-13T12:12:07+09:002023/11/13|

『オンライン酒器展2023』開催のお知らせ

HULS Gallery Tokyo では3回目となる酒器展。今回は場所を問わずより多くの方にお楽しみいただきたく、オンラインストア限定で開催いたします。初掲載の作家を含めて、28名の作り手による陶磁器、漆器、ガラスのぐい呑や片口などを掲載予定です。小さな器のなかにそれぞれの世界観や受け継いできた伝統が凝縮された、多彩な酒器が集まります。とっておきの一点を探しに、ぜひオンラインストアをのぞいてみてください。 会期:2023 年 11 月 1 日(水)~ [...]

2023-10-26T14:31:16+09:002023/10/24|

谷村丹後 個展『一日一福 - 茶筅を日常に』開催のお知らせ

茶筅は消耗品ながら替えのきかない茶の湯の必需品で、その良し悪しはお茶の味を左右すると言われます。奈良県高山で室町時代に始まった茶筅作りの技術を現代に受け継ぐ谷村丹後さんは、裏千家と武者小路千家の家元が指名する一級品を作る茶筅師です。さらなる美と使いやすさを追求するかたわら、現代の需要に合わせた茶筅の知識を広める姿は、近年メディアや海外からも注目を集めています。しなやかで弾力があり、きめ細かいお茶が点てやすい谷村さんの茶筅は、気軽にお茶を楽しみたい方にもおすすめです。本展では茶筅の他に茶杓や花器などの竹工作品を展覧いたします。日常の一服をより豊かにするこだわりの茶道具を見つけに、ぜひお越しください。 会期:2023 年 11 月 10 日(金)~ 25 日(土)*日・祝は休み 会場:HULS [...]

2023-10-26T14:28:07+09:002023/10/17|
Go to Top